「売るゾウ」の納得アンサー!!(相続・税金・基礎知識)

  
相続人になりました。相続税はいつまでに払うのでしょうか?
..............................................................................................................

      相続税は、相続人となったと知った日の翌日から10ヶ月
      以内に申告及び納税しなくてはいけません。


        相続税は、不動産、その他の財産を相続したからと言って、必ず発生
       するわけではありません。
       相続財産の価格の合計が、基礎控除額(1,000万円×法定相続人数+
       5,000万円)を超える場合に発生します。

       ですから、相続税を申請するにあたってまずは、遺産総額はどれ位あ
       るかの把握が必要です。
       単純に、相続財産もあれば、債務(借金)もあるという場合、財産から
       債務を引いた額からさらに基礎控除額を引いて残った財産に相続税が
       かかるわけです。
       (債務も相続されるので、財産より借金の方が多い場合は、相続の放棄
       という方法もあります。)
       相続財産には、生前に贈与した分が加算される場合や、非課税のもの
       もありますし、債務では葬式費用が加算できたり、加算できない債務
       がある場合もありますのでしっかり調べる必要があります。
       そして、法定相続人の数の決定も必要です。一般的には、配偶者とそ
       の子供という場合が多いでしょうが、子供の配偶者が被相続人(亡くな
       った方)と養子縁組して法定相続人として認められる場合もありますし
       実は隠し子が居たという場合は、思わぬところで相続人が増える事もあ
       ります。
       相続税を申告するには、上記のように精査して調べたりすることが必要
       ですし、不動産を処分する必要がある場合は、10ヶ月という期間はあま
       り余裕のある期間とは言えませんので、精神的にも大変な時期ではあり
       ますが、早めに行動することが大切です。

       ※ご注意:上記の内容は簡単な概略になりますので、
            相続に関して争いがある場合は、弁護士へ
            相続税に関する細かい事は、税理士へ
            不動産の登記に関する事は、司法書士へ
            そして、税金を納めるのに不動産を処分する場合は、
            不動産業者へご相談ください。





お問い合わせはこちら お急ぎの方はお電話で TEL 054-340-5060
ページ先頭に戻る▲